7月18日追記

【 MAKERS / メイカーズ 】 Horween Shell Cordovanのオンライン受注会を開催のお知らせ

2022年7月25日(月)〜7月31日(日) MAKERSメイカーズ コードバンラインのオンライン受注会を開催いたします。

  • 2022年7月25日(月)0時〜31日(日)23時59分
  • Encinitasオンラインページ内

受注会でのみオーダーを可能なコードバンライン。今回のブログでは後半でオーダーいただけるすべての種類と組み合わせをご紹介しています。
今年最後の機会となりますので、ぜひご検討ください!

“MAKERS “商品ページ
はこちらから

 

店頭で実施した MAKERSメイカーズ 受注会2022へのたくさんのご来店、誠にありがとうございました。

2022年7月1日〜6日までの6日間、Encintias初となるMAKERSメイカーズ Horween Shell Cordvanの受注会を開催いたしました。

大好評につき、当初の予定を延長して行われたMAKERSメイカーズコードバンラインの受注会。

エンシニータスにおけるコードバンライン受注会の模様は、他の記事でご紹介しておりますので、是非ご覧ください。

【 MAKERS / メイカーズ 】コードバン受注会2日目レポート!! | Encinitas :: 代官山セレクトショップ

年々調達が困難になりつつある上質な皮素材を、確実にお客様に楽しんでいただくため、受注会は年に一回。コードバンラインのオーダーは受注会でのみオーダーが可能です。

まだ実物を目にせず気になっていた方や、一生ものとしての革靴に興味のある方にこそ、楽しんでいただける受注会となりました。

沢山のご来店誠にありがとうございました。

MAKERSメイカーズ Horween Shell Cordovanのオンライン受注会を開催のお知らせ

2022年7月25日(月)〜7月31日(日)MAKERSメイカーズコードバンラインのオンライン受注会を開催いたします。

  • 2022年7月25日(月)0時〜31日(日)23時59分
  • Encinitasオンラインページ内

受注会でのみオーダーを可能なコードバンライン。今回のブログでは後半でオーダーいただけるすべての種類と組み合わせをご紹介しています。

今年最後の機会となりますので、ご検討して頂けると幸いです。

 

”MAKERS”コードバン店頭受注会について

 

革靴は、とくにサイズ、履き心地が1番悩まれるポイントのはず。

店頭でくわしくお話を伺いながらの受注会ですのでご安心ください。

型もかなりの種類の中からお選び頂け、また、レザーのカラーも自由にチョイス可能。

自分自身の特別なシューズをサイズや色から、実物を見ながら時間をかけて納得のオーダーを行えます。

MAKERSの靴が気になっていた方や、革靴に興味のある方など沢山のご来店をお待ちしております。

MAKERSメイカーズ は、革を熟知した日本人デザイナーが日本人の足の構造をしっかりと考えた上で作る革靴ブランドです。

2009年よりデザイナー手嶋慎氏を中心に、長きに渡り革靴市場を席巻するインポート靴に対して一切の引けを取らないラグジュアリーな皮革を使い、コンフォータブルで、どこかエレガントな木型設計を基礎とした靴作りで国内のみならず海外でも高い支持を獲得しているシューズブランドです。

靴を目で楽しむ・履いて楽しむ・シーンによって楽しむ・スタイルを外して楽しむなど靴好きのための一足を生み出す懐の深さ、日本人の足型に合うように計算された木型に、拘り抜かれた素材選びまで、革靴を愛する方からも絶大な人気を獲得し続けています。

MAKERSメイカーズ の靴はオーセンティックな作りながら、足元を美しく・そして男らしく、バランスの優れた表情に仕上げます。緻密に計算されたカービングやステッチワークによって生まれる革靴は一生愛せる一足となることでしょう。

Encinitasのスタッフもどんなシーンでも適切なスタイルを作り出す魅力溢れる造形と機能性を両立させたシューズに魅了されているファンのひとりです。

一度手にしたら忘れられない、そして一度手にしたらずっと育てたくなるそんな革靴と巡り合えるのは、あなたの一生のうちでそう何度もないはずで、その一足にもっとも近いのが

MAKERSメイカーズ の靴であることは、まず間違いありません。

多くの著名人にも愛され、ウェブサイトではデザイナー手嶋慎氏との対談もご覧いただけますので是非👉Feature — Makers

Horween社 ❝Shell Cordovan❞とは

今回の受注会ではホーウィン社の「シェルコードバン」を利用した革靴をオーダーいただけます。

100年以上の歴史を持つホーウィン社の生み出す革は、長く世界中で愛され、知名度は語るまでもないかもしれません。

ホーウィン社は、米国シカゴで1905年にイシドール・ホーウィンによって設立された老舗製革業者(いわゆるタンナー)で、北米に現存する唯一のコードバンタンナー。品質を最重要視するオーダーメードのタンナーとして知られ、最高品質の素材を、20年以上の経験を有する専属職人が担当しています。

コードバンとは

そのホーウィン社の手がける革の最高峰が「コードバン」です。コードバンとは馬のお尻部分の皮のこと。その大きさは一頭あたりわずか40x30cmほどだといいます。

それだけではありません。ただでさえ希少な部位の皮から、厚さわずか2mm程度の「コードバン層」と呼ばれる部分を持つ皮だけを選び出し、そのコードバン層を裏側から削り出します。コードバン層を持つかどうかは「削ってみなければわからない」ということですから、どれだけの時間と手間がかかるか想像に難くありません。

その後、再び熟成と乾燥等で手間暇をかけて半年以上の時間をかけて仕上げられているのがホーウィン社のコードバンなのです。

さらに、ホーウィン社のシェルコードバン素材はビーズワックス、ラノリン、牛脂、樹皮など伝統的な材料と製法を用い、調整や管理の行き届いた自社でブレンドを行うこだわりの製法が魅力。品質を常に一定に保つためのこだわりが尋常ではありません。

そんなホーウィン社のシェルコードバンは、美しさはいうまでもなく、耐久性や通気性、防水性などの機能性でも抜きん出ています。

まさに❝革のダイアモンド❞にふさわしい高級革を、これまた美しい造形と機能性を有する稀有な革靴へとMAKERSの手で昇華した

MAKERSメイカーズ Horween Shell Cordovanラインは、まさに「珠玉の一品」と言えそうです。

受注会でオーダーいただけるMAKERSメイカーズ

MAKERSメイカーズ Horween Shell Cordovanライン商品一覧

受注会にてオーダーできるシューズを特徴と併せ一挙公開いたします。

 

V TIP LOAFER

img

V TIP LOAFER

Makers Cordovan Line First Model.

通常のローファーよりも履き口を深くしているため甲部分のフィッティングが心地よい一足。

デザインラインは流線型に一本の線で繋がるようなイメージです。

踏まず部分をかなり絞り、フロント部分にかけてはコバを広めにとってあるので、シンプルな中にも主張がしっかり見える靴に仕上がってます。

もちろん革にはホーウィン社のシェルコードヴァンを使用。付属にオリジナルコードヴァンタグが付きます。

V TIP BLUCHER

img

V TIP BLUCHER

Makers Cordovan Line Firstmodel。

シューホールは短靴ですが7ホール。

フィッティングをより強固にするためにアイレットを増やしてあります。

デザインソースでもあるVTIP部分のラインを崩さないように、ラインは流線型に。

踏まず部分をかなり絞り、フロント部分にかけてはコバを広めにとってあるので、シンプルな中にも主張がしっかり見える靴に仕上がってます。

革はホーウィン社のシェルコードヴァンを使用。付属にオリジナルコードヴァンタグが付きます。

U MOCCA BLUCHER

img

U MOCCA BLUCHER

U MOCCAチップタイプブーツになります。

特徴としてはモカ部分が革を折り込んで縫ってあるが特徴、他ではなかなか見ることのない仕様になっています。

足首部分はかなり絞ったラインですが、足首部分に極力負担がかかりにくいような設計にしてあります。

コードヴァンならではの履き皺を一番楽しめる靴になってます。

踏まず部分をかなり絞り、フロント部分にかけてはコバを広めにとってあるので、シンプルな中にも主張がしっかり見えます。

革はホーウィン社のシェルコードヴァンを使用。

付属にオリジナルコードヴァンタグが付きます。

STRAIGHT BARMORAL

img

STRAIGHT BARMORAL

ストレートチップにダブルでトリプルステッチを掛けている事で、スタイリングによりドレス&カジュアルにも対応が可能です。

通常バルモラル(内羽根式)はドレスシューズに多く、スーツスタイルがメインで履用する事も多いのですが、こちらは、インディーステッチと大きめのドッグタグ、トリプルステッチによりショートパンツ等で合わせて履いてもマッチします。

Makersのコードヴァンラインの特色でもある、フロント部分のコバを広く取っている事により足元に程よいボリュームが付き、春夏のスタイリングにも幅を広げる事が可能です。

ホーウィン社のシェルコードヴァンを使用。

PUNCHED CAP

img

PUNCHED CAP

Makersとしては定番になっているコードヴァンシリーズ5作目となる型。

デザインはミリタリーサービスシューズをMakersアレンジでモディファイ、シューレースの数を限界まで増やし、ストレートチップ部分はバランスを極力崩さないように小さ目のキャップにしました。

履き皺をダイナミックに見せる為に甲部分の一番皺が入りやすい部分はスペースを作っています。

デザインバランスはシンプルにしている為、履き込む程に表情が変化する様をお楽しみ頂ければ。

シューホールは8ホール、ストレートチップのブローグは2mm/1mm。

付属としてシューレースは2組付きます。ホーウィン社のシェルコードヴァンを使用。

CHUKKA BOOTS

img

CHUKKA BOOTS

Makers Cordovanの新作になります。
6アイレットのチャッカーブーツ。
シンプルなデザイン故に、今まで以上に細かい部分にMakers的要素をちりばめました。
まずステッチ使いは5番手と20番手をバランスよい運針で纏め、
履き口はチャッカー特有の踵のラインを前傾にし、
フィット感を向上、木型のラインにそって詰めているので、
アキレス部分の締め付けは、ほぼほぼ解消されております。
革はホーウィン社のシェルコードヴァンを使用。
付属にオリジナルコードヴァンタグが付きます。

BROGUE WING

img
BROGUE WING

Makers CordovanのWing tip ブーツ。
穴飾りは3mm/1mm。U MOCCA BLUCHERとの比較になりますが、
HIGHTが1CM低く、履き口が1CM広くなっております。
ウェルトはスリット/目付タイプ、ダブル仕様でチャッカブーツ同様、
履いた時の安定感があります。
ハトメはコードヴァンラインとしては初めて使用する#300で
少し大き目のタイプのハトメです。
ステッチは20番と8番を使い分けてのステッチング。

PLANE SHOES

img
PLANE SHOES
MAKERSではCORDOVANLINEで初のなるプレーンシューズ。
本来のプレーンシューズの要素の一つでもある、
甲部分とベロ部分の繋ぎ目を無くし
しっかりとウエストバンプ部分にも履き皺が入るような作りにし、
ベロ裏にはREGINA同様フェルトを縫い合わせてあります。
羽根部分は敢えて開き気味に設計し、
紐下部分の皺が見えやすいように製作致しました。
サイズ展開もプレーンシューズのみ22cm-28cmのハーフサイズ刻みになります。
木型、ソールの仕様は他コードヴァンラインと同じ仕様です。

PLANE BOOTS

img
PLANE BOOTS
PLANE SHOESのブーツタイプになります。
コードヴァンモデルの中で一番革を使う量が多く、
贅沢な仕様になっております。
プレーンシューズ、ブーツ共にパーツ面積が一番広く、
このモデルに関しては、ハイトもブーツタイプの中では一番あります。
パイピングも通常より細目に巻き、
ウェルトもスリットタイプの細目付になってます。
全モデルの中でもよりドレスよりなデザインラインに仕上げました。

SINGLE MONK

img
SINGLE MONK
シングルモンクストラップシューズになります。
特徴としましては、ベルト受けがゴムになっておりますので、
基本的にはベルトを外さなくても履ける仕様です。
ベルト部分の位置も甲に近づける事により、
コードヴァンの皺がダイナミックに入るようになっております。
パイピング止めのステッチも深めに入れる事によって
シンプルなデザインの中にステッチを利かせたアッパーに仕上がりました。

ROUND TIP OXFD

img
ROUND TIP OXFD
コードヴァンラインとして
初めてのゴムソールタイプのシューズになります。
外羽根タイプのラウンドモカシューズ。
デザインの特徴としては羽根のラインを他のモデルよりも滑らかなな曲線にし、
トップ部分のラウンドモカの雰囲気を邪魔しないようにしました。
その分ウェルトはダブル仕様。
スリットウェルトにすることによりボリュームを出しています。
コードヴァンラインの中では一番ファットな見え方になっているシューズ。
落ち着いた佇まいとボリュームのあるソールビューは
MAKERSでも他はない靴に仕上がっています。

STRAIGHT TIP BOOTS

img
STRAIGHT TIP BOOTS
今までに目にしてきたミリタリーブーツ、ワークブーツ、ドレスブーツを
デザイナーの視点によって融合させて完成したストレートチップブーツになります。
ソールはコマンドソールを使う事でドレスに寄り過ぎず、
その中でも羽根部分のラインは後方部分まで流す事により
様々なシーンで履ける靴に仕上がりました。
ハトメの感覚も狭めに取る事で羽根の位置をセットバックしています。
結果そうすることによりバンプ部分の面積を広くとれることで
履き皺面積も大きくなり皺の入りが多くなる作りにしてあります。

LONG WING BROGUE

img
LONG WING BROGUE
フルブローグのロングウィングシューズです。
革の取り都合よりもハギ無しの美しさを優先しました。
ブローグシューズはどうしてもドレスよりな雰囲気になる為。
シューレースの数を4穴にすることによりカジュアルダウンが可能になりました。
バンプ部分フィッティングが4穴にすることにより高まっています。

PUNCHED SLIPON

img
PUNCHED SLIPON
コードヴァンラインでは初となるスリッポンシューズ。
なかなか立体感を出すのが困難なデザインではありますが、
ストレートチップ部分の覗いたラインを全て曲線にすることにより、
それを表現することが可能になりました。
履き口のラインを下に落とし込む事により甲に対して
垂直にテンションをかけて歩行性の良さもかねております。

BARACUDA

img
BARACUDA
コードヴァンラインとしては2型目となるプレーンシューズ。
通常のプレーンシューズは違い、羽根部分を縫い割式にデザイン、
6アイレットで甲部分の開きをなくしています。
よりフォーマルなファッションシーンでも履いていただけます。
ディテールとしては踵の高さを少し低めにし、
羽根部分を深く取っているため、
ボトムスからみえる履き部分も独特な見え方になっています。

 

以上15種!!!
いかがでしょうか?
今回、受注会期間中であれば、
これらを全て店頭で見ることができます!!
さらにカラーも選べます!!

選べるカラーはこちら!!

img
#2
img
#4
img
BLACK
img
【BURGUNDY】
img
【DARKCOGNAC】
img
【GREEN】
img
【NAVY】

【BOURBON】

これらのカラーから好きな色をお選びいただけ、
ご自身だけの特別な1足をオーダーして頂ければと思います!!
一生愛せる靴となりますので、
育てて、経年変化を楽しんで、
自分の歴史のページに靴の成長を刻んでいただけると幸いです。
是非、この機会に一生足元を飾ってくれる、相棒と出会って頂けたらと思います。
本日も最後までご覧頂きありがとうございます。
また、お会いしましょう1!
それでは…
SEE YA!
IGA.

この記事のタグ