こんにちは。

 

Encinitasでは選りすぐりのLevi’sをご用意しております!!

 

最近様々なアイテムをBLOGご紹介してきましたが、

 

本日、私の取って置きのデニムをご紹介したいと思いますので、

 

どうかお付き合いお願い致します。

 

それでは、早速…

 

 

“Levi’s” 詳細ページ
はこちらから

 

 

 

デニムブランドと言えば間違いなくこのブランド!アメリカを代表する世界一のデニムとは…

 

 

 

 

【 Levi’s 】

 

リーバイスの起源は、1850年代にさかのぼる。

 

1853年にリーバイスの生みの親、リーバイ・ストラウス(Levi Strauss)が

 

自身の名を冠した会社「リーバイ・ストラウス」社をサンフランシスコに設立。

 

168年続いている世界のデニムブランドである。

 

当初、雑貨店を経営、彼はモノ売りでその一つとして他人が作った衣服を販売していた。

 

彼はその後、20年間で事業を拡大し、生地、衣料、靴などを扱う、

 

今で言う商社のような事業へと発展させた。

 

リーバイスのジーンズ誕生のきっかけは

 

ゴールドラッシュに沸くアメリカ西部で、鉱夫を支える丈夫な労働服(作業着)が求められていたこと。

 

1870年頃、仕立屋のジェイコブ・デイビスと出会い、

 

彼のアイデアであるデニムや綿帆布に金属リベットを使用し

 

補強する手法を用いてズボンを作ることを決意し、生産部門を設立した。

 

ここからリーバイ・ストラウス社は製造販売のメーカーとなった。

 

現代のデニムアイテムの模範ともなっていることも多く、

 

古着業界でもLevi’sのVINTAGEデニムで希少価値のあるモノは500万・1,000万等と値段が

 

付けられることもあります。

 

そんなLevi’sから、今話題の型が入荷しました!

 

ごらんください!

 

 

 

Levi’sでルーズシルエットと言えばこの型!Levi’s560の入荷!

 

 

 

 

 

 

Levi’s 560 – LOOSE FIT TAPERED LEG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Levi’s 560

 

近年注目をされているLevi’s 560

 

LOOSE FIT TAPERED LEG

 

ゆったりとしたルーズシルエットが特徴のジーンズです。

 

太もも周りはゆるく、テーパードが効いてるデザインとなり、

 

裾幅も狭いので、ボリュームの少ないCONVERSEのALLSTARやVANSのAuthenticなどを履いても

 

裾をすることなく、クッションを作って履くことができるモノになります。

 

日本では未発売で当時は入手することが難しく、

 

ルーズシルエットと言えば

 

90年代、Levi’s501のW38~W40サイズをチョイスしベルトで締めて履いていたものです。

 

また、Levi’s550も注目されていますが、

 

Levi’s560は550よりもさらに太さが増し、ルーズシルエットととなり、

 

550よりも好まれる方も非常に多い型になります。

 

 

実際に着用してみましたので、ご覧ください。

 

 

 

これが90年代、アメリカ製デニムのルーズシルエット!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご覧ください、このシルエットを^^

 

Levi’sでは珍しいゆるさと、テーパードの演出!

 

個人的に505のテーパードしている感じがかなり好きでしたが、

 

いやいや、この560もたまらないじゃないですか。

 

ウェストサイズを上げなくても、ルーズシルエットの完璧な表現力と

 

この太もも周りのゆとりから、裾にかけてのテーパードが美しいこと!

 

裾幅が狭いので、どんなシューズを履いたとしても、

 

ボトムスが地面をすることもないので、かなり履きやすいです。

 

もちろん、男性だけではなく女性にもオススメで、

 

色々な方に履いて頂きたい型となります!

 

まだd、Levi’560に出会っていない型…

 

是非、アメリカ製のLevi’s560をお試し頂ければと思います。

 

本日も最後までご覧いただき誠にありがとうございました。

 

また、明日お会いしましょう^^

 

それでは…

 

SEE YA!

 

IGA.

この記事のタグ