デッドストック (dead stock) U.S. ARMY OG507 FATIGUE SHIRTS 80's OLIVE / アメリカ軍 ユーティリティシャツジャケット - エンシニータス

Detail

型番 usarmy-og507
販売価格 8,580円(税込)
購入数
color
size

税込11,000円以上のお買い上げで送料無料

平日15時までのご注文で即日発送

楽天ペイ
デッドストック (dead stock) U.S. ARMY OG507 FATIGUE SHIRTS 80's OLIVE / アメリカ軍 ユーティリティシャツジャケット - エンシニータス
デッドストック (dead stock) U.S. ARMY OG507 FATIGUE SHIRTS OLIVE 80年代 / アメリカ軍 ユーティリティシャツジャケット メンズ レディース - エンシニータス

【 DEAD STOCK U.S. ARMY OG507 FATIGUE SHIRTS 】

アメリカ(米軍) U.S. ARMY OG507 FATIGUE SHIRTSの登場です!!

現在では入手困難なファティーグシャツとなってきており、貴重な1着がEncinitasにて登場!

1940年代から1950年代までのファティーグシャツはHBT(ヘリンボーンツイル)が主流でしたが、

1950年代からは「OG-107」と呼ばれるコットンサテン生地を使用したものが主流となりました。

「OG-107」とは、オリーブグリーン(Olive Green)の頭文字と

米軍のカラーコード「107」が由来になっており、

1989年にウッドランドカモフラージュが登場するまで使用されていました。

歴史の長いミリタリーアイテムですが、1972年頃から作りが変化し、

ダブルステッチ仕上げから、インターロックで作られるようになります。

また、身頃もこの年代くらいから、Aラインで作られるようになります。

腰位置から裾部分に掛けて少しずつフレアラインに仕上がっており、

パンツの中に裾部分をタックインした際に、腰回りの生地が溜まらないように考えられ、

進化したシルエットとなります。

また1977年以降は生地が見直され、コットンサテン生地で作られていたモノが

コットンポリへと変更されます。

こちらのシャツが「OG-507」と呼ばれるモノとなります。

そして、80年代に入り、徐々にこのシャツは、役目を終え、

並行してBDUシャツの1本化となっていきます。

その為、40年近く作られていない

この大変貴重なユーティリティシャツ(ファティーグシャツ)となり

現在では入手困難となります。

実際に着用するにも、シャツとしてだけではなく、ジャケット感覚でもご使用頂け

シーズンレスで長いシーズンで愛用して頂けるアイテムとなります。

1着持っていて間違いありません!

時代の流れによってコットンサテン生地から、ポリエステルが加わったことにより、

生地も着やすくなり、程よいハリ感もあります。

こちらのサイズもなかなか出会えません、

是非、この機会にお試し頂ければと思います。


※デッドストック商品ではございますが、小傷や汚れなどある場合もございます。
商品の性質としてご理解いただきますようお願いいたします。


詳細はdeadstock/militaryブログで




color

オリーブ

size

15 1/2 (着丈75cm 身幅58.5cm 肩幅42.5cm 袖丈63.5cm)

サイズ計測は手作業のため、多少の誤差が生じます。

あらかじめご了承くださいませ。

素材

コットン 50%
ポリエステル 50%

15時までのご注文は当日発送致します!!

(一部商品によって当日発送ができない商品もあります。ご了承下さい)

ご不明な点は店頭にてお問い合わせ下さいませ。

03-5459-1693

ほかにも商品をお探しですか?

military (ミリタリー)のそのほかの商品を一覧からご確認いただけます!

military (ミリタリー)の商品一覧をみる

NEW ARRIVALS

AND MORE

最近チェックした商品

AND MORE