2004年、ORJAN(オリヨン)はスウェーデン・ストックホルムにて週末二日間のみオープンする古着ショップ「ウィークエンド」を友人と共に経営。
そこで販売されていたジーンズがファッショナブルだが、高価であったことから安く販売できないかと考えた結果、ストアブランドとしてCHEAP MONDAY(チープマンデー)をスタート。
「浪費してしまった週末明けの月曜日でも買えるチープ(安い)な洋服」という意味が込められている。
月曜のみの販売だったが完売が相次ぐほどの人気レアデニムとなり、2004年末に海外への輸出も開始した。